乳がんの再建手術や脳動脈瘤の検査など恐れることのない治療の登場

検査の重要性が高い

定期的に脳の画像検査を受けることで脳動脈瘤を早期発見することが出来ます

脳動脈瘤は現在MRIなどを用いて発見することが可能です。MRIでは造影剤を用いる必要がないことから、より負担の少ない検査方法として考えられているのです。このような検査を定期的に受けておくことで、脳動脈瘤はかなり早い段階で発見することが可能となります。脳動脈瘤は40代以降から徐々に増えてくる病気とされており、気になる年齢になったら、こうした検査を受けておくということが一つの安心を得るための手段となるのです。MRIなどを用いた検査では、脳動脈瘤が小さく症状が現れていない段階で発見出来るというメリットがあります。そのため、破裂といった最悪の事態が起こる前に治療法を検討したり、様々な医師の診断を受けたりといったことが可能となるのです。

現在では敢えて検査を受けないという選択肢もあるのです

脳の画像検査は、時に様々な不安を引き起こすこともあります。例えば、無症状の脳動脈瘤が見つかった場合には、当然のことながら大きな恐怖感を感じることになるのです。脳動脈瘤が小さい場合や現在特に目立った所見が見られない場合には、経過観察となることもあります。中には積極的な治療が難しい脳動脈瘤が見つかることもあり、検査を受けた当人は大きな迷いや悩みを抱えることになるのです。脳動脈瘤が実際に破裂し、くも膜下出血の症状を引き起こす確率は平均2%程度とされています。そのため、大部分の脳動脈瘤は治療の必要が無い場合もあるのです。こうしたことから、現在では敢えて不必要な検査を受けないということも、一つの選択肢となっています。