乳がんの再建手術や脳動脈瘤の検査など恐れることのない治療の登場

昨今で注目の方法

昨今注目されているのがインプラント法です

乳がんで乳房を切除する場合、精神的にも大きなダメージがあります。こうしたことから、現在では積極的に乳房の再建術が勧められるようになっているのです。乳がん手術に伴う再建術では、実際様々な方法がとられています。特に最近注目されているが、人工的なシリコンジェルを埋め込むインプラント法です。こうしたインプラントは、現在一般の豊胸手術にも使用されているため、美観的に優れているという特徴があります。シリコンを埋め込む施術にも何通りかの方法があり、肉体的な負担や病状、経済的な負担などを総合的に考えた上でベストな再建法を選択することが出来るのです。乳がんの手術方法によっても適した再建法は大きく変わってきます。

再建は後日他の医療機関でも行なうことが出来ます

乳がん手術後の状態には個人差があります。手術後すぐに再建術に進める場合もあれば、放射線治療など他の療法を継続して行なわなければならない場合もあるのです。このようなことから、再建術は必ずしも焦る必要はありません。転移や再発のリスクの少ない早期の乳がんの場合には、乳がん手術と同時に再建を行なうことも可能です。現在では再建を行っても乳がんの治療には影響がないことが分かってきているため、時にこのような方法がとられることもあります。ですが、乳がん手術を担当する外科医が再建を行なう場合には、専門性の点で問題があることも多いのです。ですので場合によっては乳がん手術後の再建を、他の医療機関に任せるのもより美しいバストを手に入れるためのコツとなります。